活動実績 

夕張医療センター断熱工事について 

昨年、「医療法人夕張希望の杜」に暖かい冬をプレゼントしよう!(※参照)でご協力をお願いしておりました夕張医療センター断熱工事について。

日本フクソーガラス株式会社様・株式会社間建硝様のご協力により実現いたしましたのでお知らせいたします。

http://www.nichifuku.com/csr/contribute/yuubari/

健康・省エネ住宅を推進する国民会議ホームページが公開されました 

住まいの健康度調査について 

本研究会では、住宅屋内の寒さを健康問題の原因の一つとして検討している。
昨年秋、本研究会として初めて、参加・協力団体ならびに企業の協力のもとに、高断熱住宅が居住者の健康にもたらす影響について調査を行った。
調査は、過去10年程度以内に、高断熱の戸建住宅に転居した家庭を対象に、寒冷感などの申告と、咳やアレルギーなどの健康障害の変化を回答させるアンケートによる。2008年10月に実施、およそ100件について回収し、結果の概要を第一次調査報告としてまとめた。
これによれば、
・高断熱住宅に転居した人の多くが、寒さを感じなくなった。
・ただし、集合住宅から戸建住宅に移った人は全体的に暖かさ感が少ない。
・同じ家でも、居間のように暖房を普通に使う部屋では暖かさ感が大きいのに対し、寝室や脱衣所などの暖房をあまり使わない部屋では、暖かさ感が多少減る。
・健康への影響では、以前の家で悩まされていた症状の多くが、転居後、改善していること。
などが示されている。特に、様々な症状が実際に軽減されている割合は予想以上に大きく、住宅の高断熱化の必要性につながるものとして重要であるとともに、調査結果自体の再現性・精度をより吟味しなければならないことを示していた。
これを受け、平成20年12月から21年1月にかけて、第二次調査としてより調査母数を拡大して実施した。短い期間の中での調査であったが、700件の住宅、2400人以上の居住者のデータが回収された。

各部屋の寒冷感・暑熱感の変化について

以下に、各部屋の寒冷感の変化を示す。第一次調査と同様の傾向になっている。
暖房室の寒冷感については、断熱グレードの差はあまり顕著ではなく、 以前の住宅が戸建であったか、集合住宅であったかの方が大きく影響していると思われる。
寝室などの暖房をあまり使わない部屋では、断熱グレードによる差も表れている。

居間→寝室→トイレ→脱衣所の順で「寒い」という回答の割合が増加する。
一般的な室温は、居間>寝室>トイレ・脱衣所、であり、 脱衣所は裸になって直接寒さを感じる場所なので、 この順は極めて妥当な結果になっていると考えられる。
暖かさについても同様である。
前住居が戸建か集合であるかで、大きな差があることが分かる。
性能表示制度では、等級4が最高等級になっており、 この断熱グレードの前提となる断熱基準も「次世代省エネ基準」と呼ばれるため、 等級4であれば断熱性能は十分、という考え方がビルダー、住宅メーカーに多くみられるが、 家の暖かさの観点では、さらなる高断熱化の効果が期待できるといえる。

健康影響度について

平成18年度の厚生労働省による国民健康栄養調査では、成人の平均喫煙率は24%となっている。
今回のアンケート協力者では12%と半分程度になっている。
回答者の多くが高断熱・高気密住宅に居住しており、 高断熱・高気密住宅の居住者は喫煙率が低い可能性がある。
半分以上、6割近い人が昼間は家にほとんどいない。これを踏まえると、 住宅の屋内環境の計画では、現状よりもう少し夜間の使用想定を強調しても良いのかもしれない。
ほとんど運動をしない、という回答が半分を占めている。
滞在時間と合わせて、多忙な現代生活を象徴している。
健康を保つためには、生活習慣の改善、特に運動による効果が期待されているが、 多忙な生活の中では実現はそうたやすいことではなく、 その点でも、住宅などの生活環境の改善が重要といえる。

以下に、以前の住宅で症状が出ていなかった人を母数にとり、 その中で新しい住まいに移って以降症状が出るようになった人の割合を示す。

また、以前の住居で症状が出ていた人を母数に取り、その中で新しい住まいに移って以降、 症状が出なくなった人の割合を以下にまとめる。
黄色で示した症状は、改善効果が高く出ているが、断熱グレードにはあまり関係していない。
すなわちこの改善は、住まいが新しくなることの効果で、 おそらくは室内の空気質やカビ・ダニなどの微生物との関係が深いと思われる。
それ以外の項目は、おおむね断熱グレードが上がると症状改善の割合が高くなる。
特に、気管支ぜんそく、かぶれについては、高断熱化の効果が期待できるといえる。
心臓病も同様の傾向にあるが、元の数値が小さいのでこの結果はあまり信頼できない。
ただしこれらの考察は、断熱グレード3の母数が他より一桁小さいため、 あくまで中間的なものであり、母数の拡大が必要である。



まとめ

約700件・2400名の協力を得て、 転居による寒冷感や健康性の変化に関する調査(第二次調査)を行った。
第二次調査の結果は、100件・340名を対象とした第一次調査で得られた結果を概ね同様であった。
すなわち、高断熱住宅に変わることで、住まいの寒さ感が大幅に改善されること、 健康障害の多くが現れなくなる傾向にある。
今回の調査では、さらに新しい住まいの断熱性による違いを検討した。
結果、寒冷感・暑熱感の改善と断熱性は明確に関連していること、この意味では、 等級4以上の高断熱化で、さらに改善効果が期待できること、健康性の点では、 いくつかの症状が単に転居によるものである可能性が高いこと、などが示された。
住まいの高断熱化が健康性にも大きな影響を与えることが、より一層明確になったと考えられる。
今後、今回の調査では母数の少なかった断熱性の低い住宅での状況、 ならびにさらに断熱性が進んだ住宅での状況を加えることで、 さらに本調査の信頼性が向上するものと考える。

平成20年度住宅健康調査第1次調査結果 

平成20年秋、研究会にご参加いただいている団体・企業の方々の協力のもとに、高断熱住宅が居住者の健康にどのような影響をもたらすかについて行った調査結果をお知らせします。

取材を受けました! 

6月3日に開催しますシンポジウムに関連して、当会の事務局長が日経BP社の取材を受けました!

下記リンクにて、インタビュービデオがご覧頂けますので、よろしければクリックしてご覧下さい。

 

日経BP インタビュービデオ

これまでの軌跡 

平成18年発足からのおもな活動実績です。


平成18年度

  1. 「安全な住環境に関する暫定技術基準」の策定と暫定技術基準に基づくモデル住宅の建設
  2. モデル住宅における空気質・温熱環境等の測定
  3. 平成12年に実施した疫学調査の追跡調査
  4. 四條畷市の全市立小学校におけるアンケート調査の実施

model-3.jpg

モデルハウス外観(左)と内観(右)



平成19年度

Ⅰ 安全な住環境の実現に向けた研究

  1. 実住宅における温熱環境、空気質の計測
    本研究会が取り組んできた従来の調査研究を踏まえ、より総合的な室内環境の実態把握を目的として、関西地域の住宅を対象とした、温湿度・化学物質濃度・微生物生育程度の総合実態調査を実施。
  2. モデル住宅における温熱環境の計測
    最新の断熱技術と空調設備を導入したモデル住宅の温熱環境について、入居後、約1年間の実生活環境下での環境測定の実施。

Ⅱ 会員の医学と建築環境工学に関する知識の向上に向けた取り組み

会員(特に、安全な住環境に対する関心の高い中堅工務店)の知識向上を目的とした「医学と建築環境工学の勉強会」を神戸市にて計6回開催。

(勉強会の概要)


1 19年7月25日 岩前 篤氏(近畿大学理工学部建築学科准教授)
 「省エネ基礎(モデル棟の検証)」
濱田 信夫氏(大阪市立環境科学研究所)
 「住宅における最近のカビ汚染の現状」
2 19年9月26日 杉田 隆博氏(大阪労働衛生総合センター所長)
 「医学全般」
坂本 雄三氏(東京大学大学院建築学教授)
 「断熱計画とQ値計算」
3 19年10月17日 岩前 篤氏(近畿大学理工学部建築学科准教授)
 「湿気問題と対策」
小塚 雄民氏(日野クリニック院長)
 「皮膚疾患と住環境」
4 19年11月28日 田島 昌樹氏(国土交通省国土技術政策総合研究所研究官)
 「基準法改正後の住宅換気とその課題」
川口 俊氏(大阪市立十三市民病院内科部長)
 「呼吸器疾患について(過敏症肺炎、肺炎、喘息など)」
5 20年1月30日 岩前 篤氏(近畿大学理工学部建築学科准教授)
 「断熱の意味をあらためて考える」
北村 明彦氏(大阪府立健康科学センター健康開発部長)
 「生活環境と循環器疾患」
6 20年3月19日 上原 裕之氏(研究会事務局長)
 「今年度の総括及び今後の研究等について」
河越 眞介氏(㈱ケイ・エルハウジング社長)
 「本会を工務店経営にいかに活かすか」
岩前 篤氏(近畿大学理工学部建築学科准教授)
 「本年度総括 これからの住まい」

Ⅲ 研究成果の発信と連携の拡大を目指した取り組み

1 「安全な住環境に関するシンポジウム in大阪Ⅵ」の開催

  • 日 時:2007年9月23日(日) 13時~17時30分
  • 場 所:四条畷市市民総合センター 市民ホール
  • 参加者数:約150名
  • 内容
    (1)基調講演
    「温熱と湿度と住宅の健康性能について」
    講師=坂本雄三氏(研究リーダー:東京大学大学院建築学教授)
    「シックハウス症に関する最近の医学情報」
    講師=原一郎氏(研究リーダー:関西医科大学名誉教授)
    (2)活動報告
    「研究報告、および今後の研究について」
    安全な住環境に関する研究会
    (3)パネルディスカッション
    「広義のシックハウス対策の推進の必要性について」

    パネラー

  • 楢橋康英氏(国土交通省住宅局住宅生産課企画専門官)
  • 横手広樹氏(経済産業省製造産業局住宅産業窯業建材課課長補佐)
  • 杉田隆博氏(大阪府医師会環境保健委員会副委員長)
  • 青木宏之氏(社団法人全国中小建築工事業団体連合会会長)
  • 岩前 篤氏(近畿大学理工学部建築学科准教授)
  • 東瀬幸枝氏(日本主婦連合会)
  • 平島 寛氏(日経アーキテクチュア発行人)
  • 司会=上原裕之氏 (当研究会事務局長)
  • 併 催 :協賛企業によるシックハウス対策向け建築材料・技術・工法展示
    主 催:NPOシックハウスを考える会、安全な住環境に関する研究会
    後援:国土交通省・経済産業省・厚生労働省・林野庁・大阪府・四条畷市他



    2 建築・建材展2008セミナー「世界一の健康・省エネ住宅立国をめざして」の開催

  • 日 時:2008年3月5日(水)10:00~13:10
  • 場 所:東京ビッグサイト 会議棟 6階会議室
  • 参加者数:約120名
  • 主な内容
    (1)イントロダクション
    上原裕之氏(当研究会事務局長)
    (2)講演
    「室内の温熱環境のコントロール」
    講師 岩前 篤 氏(近畿大学理工学部建築学科准教授)
    「シックハウス症候群と安全な環境に関する研究」
    講師 杉田隆博氏(中央労働災害防止協会大阪労働衛生総合センター所長)
    「健康維持増進住宅の研究について」
    講師 楢橋康英氏(国土交通省住宅局住宅生産課企画専門官)
    (3)パネル討論
    「国民合意可能な健康・省エネ住宅を考える」

    パネラー

  • 原 英二氏(生活協同組合東京マイコープ政策推進部スタッフ)
  • 市村浩信氏(樹脂サッシ普及促進委員会委員長)
  • 平島 寛氏(日経アーキテクチュア発行人) および上記講師
  • 安全な住環境に関する研究会関連記事の掲載 

    • 2006年5月26日 朝日新聞夕刊に掲載 ・研究会の発足関連記事
    • 2007年2月19日 高知新聞に掲載 ・モデルハウス完成関連記事
    • 2007年8月25日 日本物流新聞に掲載 ・安全な住環境に関するシンポジウム関連記事
    • 2007年9月1日  河北新聞に掲載 ・安全な住環境に関するシンポジウム関連記事
    • 2007年10月1日 日本主婦新聞に掲載 ・安全な住環境に関するシンポジウム関連記事