「安全な住環境に関する研究会」と「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」が 合併致しました 

end-img01.jpg

「シックハウスを考える会」の研究部門として誕生した「安全な住環境に関する研究会」と、その研究成果を政策へ繋げようと設立された「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」。
この2団体は4月25日の合同総会を以って1つの団体へ組織変更を致しました。
 今後は「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」として、「シックハウスを考える会」と研究及び国民合意形成の面で連携して参ります。今年度「シックハウスを考える会」は、林野庁からの委託研究を受ける事が決定しております。他団体との複合体としての受託ではありますが、総額1億7千万円にも及ぶ大きなプロジェクトです。そこでの「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」の活躍にご期待下さい。新しい国民会議の詳細はホームページに掲載しております。
どうぞご参照下さい。

国民会議では独自の資格化を目指し9月頃よりセミナーを東京・大阪にて各3回程度、来年1月頃には認定試験を実施する予定です。詳細が決まり次第、HPにてお知らせ致します。
もう暫くお待ち下さい。

また、各種メディアと協力して研究活動を広くアピールして参ります。今まで「シックハウスを考える会」や「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」の活動をあまりご存じなかった方にも知って頂き、活動にご理解・ご賛同頂く事が私達の理念を国民運動へ繋げる第一歩になると信じております。

「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」の資料は、「シックハウスを考える会」本部事務局へお申し出頂いてもお送りいたします。ご入用の際は、ホームページよりご請求頂くか、「シックハウスを考える会」本部事務局(Tel:0743-79-9103)へお申し出下さい。
周知へ皆様のご協力をお願い申し上げます。

「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」のホームページはこちら